打撲でお悩みの方へ

打撲の症状・原因によくある症状

  • 青あざが
    できてしまった

  • スポーツをしていてぶつかった

  • ぶつかったところが腫れてきた

  • 打撲がなかなか
    よくならない

日常生活の中で最も身近なケガ「打撲」

転んだりぶつかったり、物を落としてしまったりという

日常でもよくある「うっかり」で起こりやすいケガが打撲です。

 

身近すぎて軽く考えてしまうことが多いですが、

中には重篤な損傷が潜んでいる場合もあります。

 

痛みはもちろん、肌に青紫色に広がるあざも気分がいいものではありません。

 

打撲の症状を早期に改善するためには、放置せず早めの対処が必要です。

打撲早期回復メニュー Recommend Menu

”危険な打撲”に注意しましょう

打撲は日常生活の中でも多くみられますが、場合によっては危険なケガにもなります。

誰にでも、身体のどこにでも起こる可能性があるため、受傷した際に適切な対処ができるようにしておきましょう。

 

【打撲の症状】

 

打撲とは身体の一部に強い衝撃が加わることによって筋繊維や血管が損傷するこを指し、「打ち身」とも呼ばれています。

 

●痛み

受傷直後よりもしばらく時間を置いてからの方が痛みが強くなる傾向があります。
患部を圧迫すると痛みが出る、圧痛があります。

 

●腫れ

炎症を起こすため腫れが出現します。
頭部の場合はこぶができることもあります。

 

●内出血

内出血を起こして皮膚に青紫色のあざができることがあります。

 

●可動制限

筋肉の収縮が上手くできなくなって可動域の制限が生じることや、打撲の痛みで関節を動かさないでいることで、関節が固まってしまい可動制限が生じることがあります。

 

【注意したい打撲】

 

●頭を打ち付けた時

頭や顔を強く打った際は脳に損傷を受けている可能性があります。
数時間・数日後に遅れて症状が出ることも多いため、注意してください。

 

●腹部や背中を打ち付けた時

腹部の打撲は内臓を損傷してしまうことがあります。
ぶつけた後食欲がなくなったり嘔吐するようなことがあれば医療機関に相談するようにしましょう。
また、背中には重要な神経が走っているため、損傷すると呼吸障害手足のしびれが残ってしまう可能性があります。

 

●骨折

患部の激しい痛みや腫れが長期間続いたり、明らかな変形がみられる場合は骨折をしている可能性があります。

 

【打撲の原因】

 

●スポーツでの衝突

選手同士の接触や衝突の多い、コンタクトスポーツや格闘技で多くみられます。

 

●転倒や落下

転んで物や地面に身体を打ち付けて打撲になることが多いです。
また、高いところからの転落はもちろん、足腰が弱っているとベッドからの転落でも打撲が起こることがあります。

 

●日常生活の中で

腕や足を家具などにぶつけてあざが出来てしまったという経験をお持ちの方は、少なくないのではないでしょうか。
軽度ではありますが、一番身近な打撲と言えます。

 

●交通事故

交通事故の強い衝撃によって受傷してしまった打撲は、激しい痛みや他の重い症状を伴うことも多く、後遺症が残ることもあります。

長引かせたくない痛みやあざには早めの対応を

打撲は放置してしまうと回復がどんどん遅くなってしまうと言われています。

打撲を負ってしまった際は、まず応急処置であるRICE処置を施しましょう。

 

【RICE処置】

行う4工程の頭文字を取ってRICE処置と呼ばれています。

 

●Rest(安静

症状の重さに関わらず、まずは安静にすることが大切です。
打撲した箇所は炎症を起こしているため、動かすことで炎症が広がってしまうことがあります。

 

●Ice(冷却)

氷やアイスパックなどをタオルで巻いて患部を冷やすことで痛みや炎症の緩和が期待できます。
15分ほど冷やしたら様子をみて、痛みが続いているようであれば再度冷やしましょう。

 

●Compression(圧迫)

患部を弾性包帯などで圧迫することで、内出血や腫れの抑制に繋がります。
圧迫しすぎるとうっ血してしまうため、適度な強さで巻いてください。

 

●Elevation(挙上)

患部を心臓よりも高い位置に挙げて血液の流入を妨げることで、炎症の拡大を防ぐ効果が期待できます。
部位にもよりますが台やクッションなどを上手に利用しましょう。

 

【応急処置後の対処法】

 

●テーピング

打撲では力が加わることで痛みが生じることが多いため、テーピングをすることでその痛みの軽減が期待できます。
また、テーピングには患部を固定する意味もあり、患部を安定させることで衝撃によるケガの悪化を防ぐことに繋がります。

 

●患部を温める

患部を温めて血管を膨張させることで血流が促進すると回復が早くなると考えられています。
受傷から3日ほど経って炎症が鎮まってきたら、患部を冷やすことをやめて温めるようにしましょう。

 

●適度な運動やストレッチを行う

打撲で痛みがあるからと言ってその部位を全く動かさないと、筋肉が衰え関節が固まってしまいます。
無理をしない程度の運動やストレッチを行うことで、筋力と柔軟性の維持に努めましょう。

落合中央接骨院の【打撲】アプローチ方法

痛みや腫れを抑える為にアイスマッサージや氷嚢でのアイシング、抹消に溜まりやすい出血やむくみのドレナージュ、腫れを抑えてその後の組織の回復を早める圧迫固定を行います。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

損傷した組織の確定、損傷した原因の解明、施術内容と施術計画の説明、以上に同意していただいた場合に限り保険を使って施術を行います。

■ハイボルト療法

高圧電流を使った施術です。炎症の除去、流れの悪い神経の促通、インナーマッスルの活性化に効果が期待できます。
強い痛みにお悩みの方や、原因不明で長いこと悩んでる方におすすめです。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経絡とは簡単に言うとツボであり、東洋医学では血や気の通り道です。
そこに刺激を与えることで、身体の血や気の流れを整えていきます。

 

■テーピング

損傷部の保護・安静保持、弱っている筋肉のサポート、関節の矯正位保持の効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜は頭のてっぺんから足の指先まで繋がっています。
運動を阻害したり、関節をずらしている悪い筋膜を特定し、リリースすることで疼痛部位の痛みの軽減を目指します。

 

■温熱療法

冷え性や循環不良、神経痛などにおすすめです。
局所にサーモフォアや蒸しタオルを当て、血液の流れを促し、硬くなった筋肉を和らげ、滞った神経を流れやすくします。

著者 Writer

著者画像
院長:富岡 志文
誕生日:4月14日
血液型:A型
趣味:美味しいものには財布の紐が緩みっぱなしです。
美味しいお店教えてください!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:落合中央接骨院
住所〒161-0034 東京都新宿区上落合3丁目8-23
最寄:東京メトロ落合駅2a出口より徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】落合中央接骨院SNSアカウント 落合中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】落合中央接骨院SNSアカウント 落合中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】落合中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中